お店

キッチン換気扇のダクトを外に貫通させる

更新日:

1面目、2面目とBドライ塗りが終わりました。
完全に乾くまでに2日ほどおいて、それから漆喰を塗っていくので、今回は3面目の壁作りをします。
しかし、この3面目が一番やっかい。
壁を作る前の下準備が必要な場所が数箇所あります。
以前キッチンに取り付けた換気扇用のダクト。
こちらキッチン側には取り付けをしたのですが、実はまだ外まで抜けていないのです。
{03F88A91-7409-45A9-AC3A-A9EE5DC34E65}

このダクトはキッチンからお店を通って外に出る構造のため、お店3面目の壁に穴を開けてダクトを外に通してあげなければなりません。

{C06A68B0-E7AD-4A41-BEA7-8786D0415E34}
穴を開けるのは外側から。トタンの壁です。
グラインダーで大まかに丸く切り出して

 

{A9707CF6-2201-4381-9D4E-8D4E5B40AEB1}
細かい部分は板金バサミを使って穴の大きさを調整します。

 

{572A974E-6DFF-455D-9221-D8E26D5DCA10}
中から見た様子。
なんとなく光が・・・!

 

{A2069C8E-FA1E-4CA6-84AF-74BE0E693B57}
開きましたー!!

 

{7000129C-5637-43A7-AFD1-263A2D70BFA2}
後はダクトを穴に手作業で通して

 

{0822D26C-5D83-47F2-BA6B-424862254FA1}
ダクトが外まで貫通しました!!

 

{3A5A9766-95AA-4F86-820C-5962936F7978}

外側からコーキングやその他もろもろの処理はまだ残っていますが、内側からの処理はひとまず完成です。

 

-お店
-, , ,

Copyright© 古民家再生DIYブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.