リビング・アトリエ

リビングの壁作り

更新日:

キッチンの壁がほぼ完成しましたので続いてリビングの壁作り。
キッチンとリビングは現在進行形で使用していた場所ですので、壁作り期間中は使用できなくなります。
暮らしながら作るというのは、こういう時に厄介ではありますが、やってやれない事はない。
ただし、最短日数で終わらせるよう心がけます。終わるまでカップラーメン&コンビニ生活です。
現在中途半端になっている壁の骨組み。
こちらと↓(1面目)
{72B4A682-E1B5-49C2-A924-9256EEB83BEF}

こちらはキッチン同様に天井と梁の間↓(2面目)

{99DEA394-1448-4C5C-94AC-6578A687E297}
同じくこちらも↓上部に隙間が空いてます。(3面目)

 

{AFC06C4E-8BF8-4709-8368-872EE52FAC87}
こちらは↓キッチンと裏表の壁なので、石膏ボードを貼って完成。(4面目)

 

{4901F41E-0064-4E2B-9609-C74B0850E215}
4面目のみ完成していますので、他の3面に残りの骨組みを作っていきます。
お店完成時に奥にしまい込んだ材木を再び引っ張り出して

 

{6EE4CF3E-E447-4ED8-8CAA-01613E32ADA1}
骨組みを作る。

 

{54FAC6E8-CA95-4691-8B68-D2B344F70EBB}
梁と梁の隙間というのは本当に変形型が多く、主人も非常にストレスを感じているようです。
骨組みはいつもこんな形ばかり。

 

{9F94BC45-A367-4DE6-AE4C-28F5D39C63C4}
しかし、ここを頑張ると、壁の間に梁が食い込んでいるように見えて格好が良いのです。

 

{98772104-D509-4BB9-84FE-3A1E818A0DAF}
まず3面目が完成。

 

{849915E6-7B2A-4610-A383-7122780C9457}
同じく1面目も骨組みをハンマーで叩き入れる。

 

{CACB5EFB-FACC-41A5-82A9-635158895F0A}
そして完成。
こちらは漆喰の壁が3段になります。

 

{8474A22A-0C9D-498A-8509-7C2F72F446EB}

そして最後の狭い箇所にも入り、

これにて壁の骨組み完成です。

 

{5296BDD3-3E9F-49C2-B4A0-031237CA6942}

 

-リビング・アトリエ
-, , ,

Copyright© 古民家再生DIYブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.