リビング・アトリエ

和紙を使って天井の隙間を埋める

更新日:

遮熱シートを貼って寒さ対策をした天井裏。
これで、暖気が天井裏から逃げない・・・と、思いきやよく見ると・・・
{9CA978A9-9327-4CE0-A14E-4FD56044C7B5}
天井と梁の間に

 

{E5D305DD-DE18-40F3-BDCC-B34BA08CA0B5}
こんなに大きな隙間が!!!!

 

{DF1FF389-269B-4BE4-ACCC-143DFA87A6CD}
この隙間は結構前から我が家では問題視されていたのですが、「寒くなるまで放っておいていいよね〜!」と放置してました。
だって、地味な作業なのでついつい後回しになっちゃうんですよね〜(⌒-⌒; )
「わーい!出来た〜!!」っていう物を作る方が楽しいじゃないですか笑
そんな訳で、ずっと放置していた隙間対策もいよいよスタートです。
用意するものは100均で売っているラッピング用の厚手の和紙。

 

{8DE39584-CE4F-49FF-89B4-F5159FDEFB22}
ラッピング用なので1枚の大きさが結構大きいんです。
それとクシャクシャ感があるものを選びました。

 

{52F6D9C9-4C93-49F2-A0C8-859D31B3C5B9}
広げてみるとこんな感じ。

 

{8759D39B-AE83-4CD9-8EFE-E3DA84F87599}
天井との色を同化させるために、和紙に柿渋を塗っちゃいます。

 

{E6A74C12-7BAC-4666-9927-6117CE41D68B}
和紙は強いですね。
柿渋塗っても破れない。
でも、ぐんぐん水分を吸い取ります。
最初は真っ白だった和紙も

 

{8ECDEABF-A8B3-4FA1-BD7B-53F4730D8B64}
見事柿渋色に染まりましたよ。

 

{6742BF88-A9C0-4100-B294-9B2E18A76071}

 

この状態で乾くまで日干しします。

 

-リビング・アトリエ
-, , ,

Copyright© 古民家再生DIYブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.