リビング・アトリエ

家が寒い。古民家の寒さは諦めるしかないのか?その3

更新日:

あー寒い、寒い、寒い!!!

寒さって直に感じ続けていると怒りさえ覚えます。
足のシモヤケが痛いしカユイ!!
これが、屋外なら諦めがつくんですけどね。
家の中で、南極探検隊みたいな格好してるのに、寒いし痛い。
遂に耐えかねて、「家が寒い」と、出張中の主人に電話で相談。
しかし
「こっちは24時間常に26℃に保たれてて暖かいよ〜。」
・・・だって。
聞きたくなかったわ!羨ましい!!
これが、自分一人の留守番ならば、布団に包まって恵方巻状態でしのぎます。
しかし、我が家にはか弱い猫が2匹!

 

{B8AE66A4-815F-4C7F-9D90-3D1E657063AF}

動物病院に連れて行ったところ、超初期の鼻炎だそうです。

猫たちの鼻炎を悪化させないためにも、早急にどうにかしなければ!
なにが寒いって、とにかく足元が寒いんです。
これって床のせい??
縁の下から風が入ってきてるの?
いやいや、縁の下は冬用に、しっかり閉めました。
床にはしっかり断熱材が入っています。
じゃあなんで!?どうして寒いの!?
・・・と考えているうちに、自分の過去ブログにたどり着きました。
この記事、11/30に書いてるんですが、自分で↓のように書いてました。
>>インターネットで調べた結果、熱が逃げていく割合というものがあるようですね。
 
それぞれ
 
・屋根、天井→6%
・窓→48%
・壁→19%
・床→10%
>>
この情報によると、もしも床から熱が逃げているのであれば、全体の10%程度です。
しかし、私の体感温度的に、熱の逃げてる割合が全然10%どころではありません!
体感温度じゃなくて、温度計で計れよって感じですよね。
ここら辺が、私の雑なところ笑
そこで、次に気になったのが「窓」です。

 

{94C729A5-A5CD-4D5C-BC26-3542DDAD684A}

窓から熱の逃げる割合は、48%。

ほぼ半分の熱が窓から逃げていきます。
それを防ぐためにと、主人が出張前に内窓をつけてくれました。
{8B94994F-9CFD-4254-95E1-91FA4700A483}

しかし!この外窓と内窓について調べていくうちに色々な問題が発覚してきました。

 

-リビング・アトリエ
-, , ,

Copyright© 古民家再生DIYブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.