キッチン

廃材のガスパイプを使って調理器具掛けを作る

更新日:

初体験であったタイル作業もなんとか終わり、キッチンの壁がようやく全て完成しました。

{3C2CF8DC-12CF-419D-A552-9786F6F60A4A}

しかし、この広いタイルの壁に何もないのは勿体ない。
引き出しの中が調理器具でゴチャゴチャしているのも何とか解決したいし、

「フライ返しや泡立て器を壁掛けにしたらどうだろう?」
と主人がアイディアを出しました。

う〜ん。。。嫌な予感がするぞ!!
もしかして素材はまた木なんじゃなかろうか。。。。

おそるおそる聞いてみると、なんと今回は木じゃないそうでヾ(@°▽°@)ノ!!

じゃあ一体何でつくるの〜?と更に聞いてみると
「コレ↓」だそうです。

{A77ECD09-2A78-45A3-B7AA-42EA09469E35}

これは解体時にぶった切ったガスパイプの破片。
実にマメな主人はこんな物まで何かに使えないかと残しておいたそうです。

パイプ自体はこのままの形で使えるようなのですがこのパイプに調理器具を引っ掛ける訳ですからね。
ある程度の重みに耐えられないといけません。

そこでやっぱり木が登場〜(涙)!!

この材木にパイプをはめてビスで固定させるそうです。
ということで、パイプ穴用の溝彫り。

{30A4DAF8-6F82-4015-9A8E-0108AED6D0BD}

そしていよいよパイプの取り付けです。
取り付ける前にどの位置が使いやすいのかシュミレーションしながら確認します。

{5758D687-730B-4C5D-B6D2-7C699CA0AF18}

位置が決まったところでホームセンターで買ったU字の金具でパイプを固定。

{049EE3C0-8F52-44FF-A517-49D15D58828F}

このままでは不安定な状態なのでパイプの先っぽに先ほど穴をあけた材木をはめ込んで
、この材木をビスで固定して強度をあげれば・・・

{89CC98A0-753B-4BE7-904C-2AACB28A05BB}

じゃん!調理器具掛けの出来上がりですよ!!

{F0760409-85F5-4CC7-AC92-E862DAC6A655}

お洒落なのかお洒落じゃないのか紙一重。。。。笑

 

-キッチン
-, , ,

Copyright© 古民家再生DIYブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.