リビング・アトリエ

工房のパーシモンワークス塗り

更新日:

吉見屋オープンまで、あと2日となりました。
6月1日のオープンでは、こちらの工房スペースも公開となります。
公開に向けて主人はひとりパーシモンワークス塗り。
{5BFDD48C-E0C7-49A0-A354-A16188DE9657}
我が家の床や柱は、すべてこのパーシモンワークスにお世話になっているのですが、相変わらず良い色です。

 

{DCCC84D2-01D0-4CF4-81AB-3342995905E4}
こちらは柿渋だけの床です。

 

{29F43BB8-029F-450D-BD88-E280AA821CA6}
パーシモンワークスを塗るとここまでトーンダウン。イメージ通りです。

 

{EF09C3D4-E554-4135-A20F-AF2600A95CD7}
ちなみにこちらは、廊下だけ塗った状態でです。

 

{A8D056B0-D921-4DB6-81AE-9F89E49F8107}
夜の22時にこんな作業(笑)
パーシモンを塗る面積はまだまだ広い。。。

 

{7E9416DF-C826-4625-8047-6B7EE18D9D27}

 

ちなみに工房スペースに関しては私は完全にノータッチです。
完全に主人が1人で作りました。
パーシモンを塗ればほぼ完全です!

 

{DF4EFB23-95CA-4F95-9D64-068C1D299A58}
そして、塗り終わったものがコチラ!!

 

{73C5F70A-3C33-4854-90ED-70DDE1075AF0}
素敵な空間になりました。
主人1人で頑張りました!!

 

{C5CFD745-A600-4E86-9561-54E5F56539CB}
さて、我が家の猫タマ&テンは相変わらず仲が良い。

 

{593262E2-4976-4726-82F9-B483A47E96D5}
いつも一緒に寝ています。
これが少し前の写真。

 

{F50A9D00-A628-40ED-9E3D-E008CF8B6228}
暑くなったら一緒に寝なくなっちゃうのかな〜。ちょっとさみしいなー。
なんて思っていたのですが、今のところ

 

{73FCBB25-D1D7-4026-8650-77CD68C0A447}
暑がりながらも一緒に寝ております。

 

{F6343282-C70F-4EB7-8FAB-712436E4C149}

 

-リビング・アトリエ
-, , ,

Copyright© 古民家再生DIYブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.