キッチン

柿渋塗装した材木にパーシモンワークスを塗る

更新日:

全ての材木に柿渋塗装が終わりました。
今の所はほんのりと淡い茶色。
{24068D2F-8363-4D39-B44E-871E980014B6}
十分に乾燥させたら、最近のお気に入り塗料であるパーシモンワークスでコーティングしていきます。

 

{CA2B15AF-3B8D-4D37-900A-1497C9AA7212}

パーシモンワークスはシックハウスの原因でもあるホルムアルデヒドやアセトアルデヒドをはじめとする有害物質を吸着して分解、中和をしてくれるという優れもの!

どうやら悪臭までも中和してくれるというので一番のお気に入り塗料です。

 

{3F9AC0FC-B1CC-4BFA-B46E-5653E10BD78E}
※こちらは透明色。色は淡いレモン色。
スポンジとウェスを使用して塗りますよ。

まずこちらが柿フィールのみの材木。

マットな淡い茶色。

 

{B690BC35-5862-48C8-A259-9EA922F0E33A}
そしてパーシモンワークス塗装後がこちら↓

 

{4761AD5B-1725-42F3-9C64-E83B0686EC14}
色に深みが増してツヤも出ます。
これを切り出した材木数十枚に塗っていきますが、塗るというよりは刷り込んでいくという感じで。。。。

全てに塗装が終わる頃にはすっかり夜。

 

{0AC2FCA8-6DDA-4E90-8796-38F087E12B19}

はあ〜疲れた。(ノД`)

これにて部品の下準備は完了。

 

{7DEA4D58-767A-4061-B4AC-212E599974F5}

 

次回から組み立てに入ります!

-キッチン
-, , ,

Copyright© 古民家再生DIYブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.