キッチン

壁作り 天井と壁の隙間を埋める 2

更新日:

壁の隙間に設置する骨組みを松葉杖に見立てて喜ぶ主人。
早く仕事して。
{4C121E0B-5EEC-47A7-B98F-9F9416C860C4}
はい。
この松葉杖を隙間にはめ込んでいきます。

 

{E47FEAAE-6973-4A70-A263-CC0AA56C0C15}
これが入らないと再度作り直しなのですが、毎回あまり手直しなく(というか半ば無理矢理カナヅチで叩き入れたりもしていますが)なんとかなっています。

 

{48FF40A1-CD6C-4618-9877-599E81473D46}
ビスで固定。
これで骨組み完成。
次は、天井と梁の間の隙間に壁を作ります。この部分は天井よりも梁が奥に引っ込んでいる為、漆喰の壁ではなく合板で作ります。

 

{9EC24A99-7A0A-47A6-BBAB-9C7F62AD6F6D}
隙間の長さをはかって合板を切り出し

 

{B0697DF2-AC5E-4DE1-9ECE-BA256911E8E3}
一旦隙間に当てて幅を調節します。

 

{5078DE09-74F4-49E2-A442-5CDEEAA3C496}
更に仮で合わせた合板と梁の間にも隙間ができるので、このように↓L字の壁を作ります。

 

{EE2B69E4-D854-484B-9085-E3C303CE9A0E}
そして再び隙間に当てて、本留め。

 

{660CDA67-C464-4C42-B44B-67C9064AE220}
これにて厄介だった微妙な隙間の壁が完成。

 

{F3BF80F7-CF90-4DDA-9FE2-D1A5BB970ECD}

 

2段目に石膏ボードを貼っていきます。

-キッチン
-, , ,

Copyright© 古民家再生DIYブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.