お店

お店の棚作り 材木を製材する その2

更新日:

お店の棚作りの下準備がいよいよ始まり
午前中のカンナがけ講習をもとに午後の実践に入ります。
まずは幅30cm長さ4mの棚板からカンナをかけて行こうと思います。

 

{36CB0BBB-08BB-4113-9005-D395472BF77D}

機械に棚板を入れて行きます。
この棚板長さがあるので、周りの障害物にも気をつけながらの作業です。

{BDA9D9DD-A3CB-4845-A210-998B0D95CCBB}

板を機械に入れるのにもコツが必要なようで、一度機械に入ったら、棚板を進行方向に押し出して行きます。
もし押し出す力を止めてしまうと、その部分だけがカンナで削られてしまい、棚板の一カ所だけがへこんでしまう危険があります。
かなり全力で押し出さないと棚板がうごきません。がんばれー!!

{939D8D82-95AF-4D43-9AD5-FED7892643ED}

と、押し出して行くと反対側から削られた板が出てきますので、今度は私が
板を引っ張りだして行きます。
反対側では主人が引き続き力を加えて押しています。

{46F99E27-9798-4B6C-91B5-7CE546C5A029}

感想としては全力で綱引きしている感じで、最初は長袖でやっていましたが汗がどっと出て来て、途中で半袖に。かなり過酷な作業です。

機械から引っ張りだした棚材は並べて積んで行くのですが、これも重量が20キロ弱はありますでしょうか?なにせ長さが4mもありますからね。

{99D2C08E-8F69-48DF-B2A0-A62EC02B94BE}

この一連の作業を裏表一ずつで80回。
作業時間は約四時間。
ずーっと通しではないものの、この中の3時間程はずっと綱引き状態だったのではないでしょうか。
こんなに長時間の綱引きは初めてでした。

{682996C0-B18D-43F9-B1A9-ACA43134739C}

計80回のカンナがけではオガクズの量も相当なもので、何回かに一度は
オガクズ入れを掃除していましたが、気づくといつもこんもりと溜まっている。

{6ACAB6BD-06DA-48A2-8FB7-164FF04F66F1}

これ↓棚材からでた大量のオガクズなのですが、重量が結構ありまして、それでも木の良い香りに少しだけ癒されます。

{A8600418-F1F7-4666-A211-83A0244203BA}

オガクズの総重量は・・・分かりませんが、この大きなズタ袋2袋がオガクズです!

{EF34DF8B-5311-4E88-9ECE-21624BF6E646}

そしてこちらにあるのが、カンナがけされた材木達。

{004C7638-BF39-47A9-9985-802FD64659FD}

運び入れられた時も表面がツルツルで、カンナがけはかなりの重労働でしたがやった甲斐がありました!!

{A7D3898B-0CAA-47BB-84E6-73D5D8419876}

よっしゃー!おわったーヽ(゚◇゚ )ノ
と、今日の仕事は切り上げて夕ご飯でも食べたいところですけれども、
これからこの材木達の搬出をしますよ〜(T_T)

つづく

-お店
-, , ,

Copyright© 古民家再生DIYブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.