リビング・アトリエ

床の間の工事 ひとまず終了

更新日:

吉見屋の主人です。妻の代理で5月末頃まで執筆させていただいております、しばらくの間宜しくお願い致します。
さて、骨組みの仕上がったところにどんどん石膏ラスボードを貼っていきます。

 

{B09E0F0C-5B09-4561-B13F-A8A9498340CF:01}

 

しかしここにきてどうやら足りない事がわかりました、枚数にして大体10枚ほど、けっこう足りません。いつも目分量で買い足してくるのですが、そろそろ最後が見えてくるのでここらでしっかり数を数えて買い出しに。ラスボードはまとまった量でないと配送料がかかることもあり、宇都宮の大型ホームセンターへ向かいます(近場のホームセンターには取り扱いのないため)。地方ではよく見る様々な専門店がくっついた大型のホームセンターですが、ここに来ると画材や雑貨類などついつい目移りしなかなか帰れません。何しろウチから往復で100㎞近くあるためめったに来られないという理由もあります。
しかしこの日は目的の品もはっきりしていたため、朝一で向かい誘惑を振り切りながらお昼過ぎには日光に戻りました、スケジュールもおしてきているのでなるべく作業の時間を確保したいのです。
{DB826640-4428-467D-903D-9E7E15B19DF8:01}

 

搬入後は作業続行。床の間の展示スペースは当初砂壁に直接漆喰を塗る予定でしたが、せっかく買い足しに行ったため結局砂壁の上にもラスボードを貼り付けました。ネットで調べると砂壁に直接漆喰を塗っても大丈夫だという話がありましたが、うーんホントかな???と心配だった事もありましたのでこれで一安心です。
{F0B37062-5E7E-40BA-A27C-C3DF09761851:01}

 

{C221B4E7-3B4E-4B24-96C7-F6D3A805BB89:01}

 

これにて床の間の工事、というか下準備は終わりです。これからすぐに漆喰塗りに入りたいところですが、まだ少しの木工作業と塗装を残しています。なかなか塗り始められない焦りはあるのですが、ひとまず一息つきましょう。
この晩は夜少し散歩、神橋にかかる月が綺麗でした。

-リビング・アトリエ
-, , ,

Copyright© 古民家再生DIYブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.